万が一の備えをしよう!

火災保険を考えてみましょう

賃貸住宅であれ持ち家であれ、不動産業者やマンションの所有者が指定する火災保険に加入している人が殆どです。賃貸マンションでは2年で15000円ほどと、保険料も決して高額ではないことから、必要性や補償範囲にあまり意識を向けていないのではないでしょうか?
火災保険は、火災に対する損害を補償してくれるものですが、隣家のもらい火に対しても補償がなされます。現在の法律では、火事を出した人に故意や重過失が無い限り、延焼した分に関しては賠償責任を負いません。つまり、火災保険に入っていなければ誰からも補償して貰えないのです。自分は火事を出さないという自信があり、実際に火を一切使わない生活をしていたとしても、加入する必要があると言えます。

意外と広い火災保険の補償範囲

火災保険は火災での被害だけを補償するものではありません。落雷や雪の被害などの自然災害、マンションの上階からの水漏れ被害など広範囲に及びます。しかし火災以外の被害は発生すること自体が稀であるので、現在の保険料が維持されています。地震に関しては原則として火災保険の対象外になりますが、特約として補償範囲に入れられる保険会社が多いです。
火災保険の更新時には、他社と保険料や補償内容を比較し、場合によっては乗り換えを考えても良いでしょう。不動産業者が指定する火災保険は業者間の繋がりで決められることが多く、ベストな選択とは言えません。賃貸住宅でも、原則として乗り換えた先の保険証書などを見せれば良いとされますので、各社のサイトで見積もりをしてみましょう。補償額も任意で決められることが多く、自分なりに取捨選択をすれば保険料が安くなる可能性があります。