どんな種類があるか自分で調べてみよう!

補償される内容を調べよう

火災保険に加入するならば、まずはどんな種類があるか調べてみましょう。まず保険の対象は建物と家財に分けることが可能です。どちらか一方に保険をかけるでだけでなく、両方にかけることもできます。
また、補償される内容もさまざまです。火災だけでなく落雷や雹災なども対象となっており、多くの種類があるので火災保険を調べる際は、補償内容もチェックしましょう。特約や補償を組み合わせられる商品や、プランを選択する商品など幅広いです。自分の家がどのような被害に遭ってしまう可能性があるか、リスクをイメージしながら必要な補償を確認するのが重要になります。分からないことがあれば、思い込みで判断せずに質問をして解決しましょう。

割引制度の種類も知っておこう

火災保険の割引制度には多くの種類があるので、調べて把握しておきましょう。自宅にはどんな割引を適用することができるか、どんな条件が整えばいいのかは会社によって異なります。長期年払い割引やホームセキュリティ割引、オール電化割引など多彩です。
また地震が原因の火災は損害補償ができないことを知っておきましょう。もらい火でも同じです。火災保険の内容だけでなく、地震保険も検討することをおすすめします。地震は単独で契約することができず、火災保険と一緒に加入する必要があるのでよく調べてみましょう。火災保険の補償期間であれば後から加入することも可能です。どんな種類があるのかを知って、適正な額の保険を目指しましょう、